沖縄をこそっと走る ~ その1キロカロリーをけずりだせ!!!

走ったり。挫折したり。
一般ランナーにありがちな事を書けたらなーと
思っています。

尚巴志マラソン完走実行委員会

那覇マラソンまであと4か月を切りました。
私はエントリーしていませんが、日を追うごとに
那覇新都心公園のランナーが増えている気がしています。
今回は那覇マラソンを走る前の足試しで参加する方が多いと
思われる尚巴志マラソンについて、考えてみたい。
過去に1回だけ走った経験wから、アドバイスとはおこがましいですが
遅いランナーにしか分からない事もあるはず!と思いたった次第です。


那覇マラソン完走目的で参加する方を対象に。


◆1~5キロ
参加者が多くまた、片側通行なのでギュウギュウです。
無駄な追い抜きは体力を使うので止めましょう。
ここで順位を上げたところで何の意味もありません。
出来るだけ歩道側を走った方がいいかも。センターライン側は
対向車が走っているため、危ない&無謀な追い抜きでぶつかる人多数。


◆5キロ~新里坂(1.2キロ)
序盤はゆるやかな坂なので走っても大丈夫ですが、
坂が急になったなと感じたらすかさず歩きましょう。
ちょっとでも頑張ろうと思ってはいけません!!
この坂で無理をすると、15キロ付近から地獄をみます。
せっかく当選した那覇マラソンも走る意欲が失せます。
歩く!歩幅せまくして太ももを持ち上げるように歩く。


◆新里坂~沖縄刑務所(11キロ)
新里坂で歩いたからといって焦ってペースを上げてはいけません。
まだ登りは続いています。
2015年からコースが変わり、この付近の距離が344M伸びました。
登りが344M増えた!!ドMコース!
ここでは息が上がらない程度のペースを心がけたほうがいいかなと思います。


◆沖縄刑務所~ニライカナイ橋(13キロ)
沖縄刑務所を通過すると、ニライカナイ橋があります。
素晴らしい景色が目の前に現れ、心の疲れがとれます。
手を広げて鳥のように下る~~~この爽快感!!・・・ペースを上げてはいけません!
疲れがとれたのは心だけで、体の疲れは変わりません。
この下りでバタバタ走ると、この後に待ち構えてるトラップにかかります。
ペンギンのように手を振らずに伸ばしてゆっくり走りましょう。


◆ニライカナイ橋~15キロ地点
ここまで、無理をせずに走ってきたので、疲れてはいるものの
難所は終わったので、ゴールまで余裕をもって行ける!
むしろタイムも狙えるかも!と勘違いがここで発生します。
しかし、15キロ地点までは細かいアップダウンが連続します。
ここで自重せずにペースを上げると、15キロでゾンビになるので
ペースを上げてはいけません。この細かいアップダウンがホントに足にきます。
あくまで、尚巴志マラソンは距離を走る事が目的でタイムを狙ってはダメです。


◆15キロ~フィニッシュ
あとは平坦な道ですので、周りの応援を楽しみながら走りましょう。
ゾンビになると応援も耳に入りません。
走ったあとの爽快感もありません。
なにより、那覇マラソンへの手ごたえも得られないまま
練習が疎かになり、リタイアバスに揺られるハメになるかも。


尚巴志マラソン実行委員会でした。
信じるか信じないかはあなた次第です。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。